【コラム】吾唯足知

最終更新: 3月29日

吾唯足知


2021/4/1


こんにちは、ZONEアカデミーのWataruです。


ふと振り返ると、新たな日常と共に過ごすことになり、早1年以上が過ぎようとしています…


マスクを忘れなくなったし、手もよく洗うようになりました。


去年のこの時期の桜は、なんだか悲しげに見えましたが…今年見上げた桜は、心なしか生き生きとして映りました。




この1年間は、急激に変化する世の中と向き合い、倍速での変化を強いられ、あらゆる試行錯誤の機会となりました。


何ができるのか?

どうすると良いのか?

これからどうなるのか?


はたまた、

これまで通りのことは本当によかったのか?


という問いや、迷いが頭を駆け巡った事でしょう。


去年は、世の中も「戸惑いの時」を過ごしたといえます。

でももう今年は、あちらこちらで「行動の時」を迎えていると感じます。


この「戸惑いの時」に備えを整え、新しい時代をのりきるツールや、知識、スキルといった武器を準備し、着手していた人が沢山いて、今、実際に行動し始めています。


*あなたはどっちのタイプ?


春は何かと変化の多い時期。 

人の「変化」への対応の選択肢は、そう沢山はないのだと感じます。


「好む」か「恐るか」の二択です。 


変化の先に待つ、まだ誰もみぬ景色を妄想して…


”自分の中で”創り出したストーリーのシナリオこそが、心のなかの恐れの正体です。


「もし〇〇なら、△△になるのでは…」という具合に…


「私なんて…」「こう思われているんじゃないかな」というのも 全部、誰の声か? 


そうです‼︎ 自らの声ですよね‼︎



⭐️自分を劇的に変化に強くする、たった一つのこと⭐️


人は一貫性を好む傾向にあるので、好むというより「適応」するという言い方がいいでしょうか…


新しい取組のなかで重ねる発見や出会い、挑戦を喜べる人は変化を楽しみながら受けいれるものです。


起きてしまった出来事、相手は変えられませんよね。


当然、明日のことは誰も予見できません。

自分でコントロールできるのが、唯一「今」だけだということです。


今をどう捉えて反応するのかは、たった一つ自分の解釈だけなのです。


そして、この解釈は自分で如何様にも変えることができます。


現状の自分の人生の物語が気に入らなくて、しっくりこなければ解釈を変えて、物語のシナリオを書き換えてしまえばいいのです。


どう受け止めていくかで大きく変化します。


*「今」を生きるとは?


哲学的な話のようでいて、じつはとてもシンプルなんです。

現在の時間、空間、状況を最大限に活用することだと思います。





無いものや、手に入らないことを嘆く気持ちもありますが、でも私たち一人ひとりの中には誰にも無い、特別な経験、能力、才能があるはずです。


今の環境も十分に整っていることに、気づかないだけなのかもしれません。


大好きで立ち寄る場所があります。

先日もその場所、禅寺で枯山水の石庭が有名な京都の瀧安寺に行きました。

ぼぉっと庭を愛でながら、日向ぼっこする感覚ですが、心静かになります。


でも、もっと好きなのはその庭以上に、回廊を回った茶室蔵六庵前にある徳川光圀の寄進とされる「つくばい」です。


行き交う人の行手のお邪魔は承知で、いつも立ち止まって眺めてしまうんです。



中心の「口」の字をおいて「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」と読み、禅の格言を謎解き風にしたものといわれてます。


なるほど、心に沁みて好きなんです。

いつも自分を省みる、戒めとして眺めています。


さぁ、春から新しい挑戦が待っている人も、今、まさに行動に移していこうという人も変化を楽しみながら、この瞬間を謳歌していこうじゃありませんか!!!