top of page

ストットピラティスSTOTT PILATES(R)のカリキュラム

更新日:2023年4月16日

ストットピラティスSTOTT PILATES(R)のカリキュラム


2020/4/21


こんにちは、ZONEアカデミーの小田原です。

今日はストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクター養成コースのカリキュラムをご案内します。


■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□


【ストットピラティスSTOTT PILATES®のコースカリキュラム】


ストットピラティスSTOTT PILATES®の認定インストラクターとして勉強するコースは全部で7つあります。


一番最初にスタートするコースは「初中級マット(IMP)コース」。

初中級マット(IMP)コース受講後は2つの道があります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


①認定試験を受験する

合格すれば

ストットピラティスSTOTT PILATES® 初中級マットインストラクター

として活動をスタートできる。


②次のコースに進む

(例1) 上級マット(AM)コースに進んで、 マットすべてが教えられるインストラクター

になる。

(例2)

初中級リフォーマー(IR)コースなど ストットピラティスSTOTT PILATES®の

多彩な器具のコースを学ぶ


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


マットインストラクターとして活動をスタートすることもでき、器具を使ったインストラクターとして勉強を進めていく道も用意されています。


器具のコースを受講するタイミングは規約がないので、マットコース受講中からリフォーマーコースをお申込みをされる方や試験合格し、マットインストラクターとして活動、数年後にリフォーマーコースに参加される方もおられます。

自分が勉強したいタイミングで器具のコースに進むことができます。


■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□


【資格取得後も学びを深められるカリキュラム】


ストットピラティスSTOTT PILATES®の資格は試験合格して、それで終了ではありません。


資格取得後は、その翌年から毎年、資格更新をするためにワークショップやコースを受講し、学び続ける仕組みになっています。


認定資格更新プログラム(CECプログラム)といって、STOTT PILATES®認定インストラクターは、年間0.6CECを取得する必要があります。 ※0.1CEC=1時間


最初は「資格更新のために、毎年勉強しないといけないなんて」と、ちょっと面倒かな、というイメージがあるかもしれません。


でも、ピラティスインストラクターとして活動する中で、新たなスキルやアプローチを勉強したくなるタイミングは必ずやってきます。

ワークショップは多彩な内容を準備しています。


例えば・・・


「リハビリに活用できるワークショップ」

膝、肩、腰といった部位にフォーカスされたり、脊柱側弯症、骨粗しょう症、乳がんのような症状別でのアプローチ方法を学ぶタイトル


「ターゲット別に活用できるワークショップ」

妊婦、高齢者、男性向け、ティーンズ向け、スイマー、ゴルファー、ランナーといったピラティスを提供するクライアントのターゲットを考慮したエクササイズのバリエーションを学ぶタイトル


「小道具(プロップ)の多彩な使用方法を学ぶワークショップ」

フレックスバンド(セラバンド)やスタビリティボール(バランスボール)のタイトルはレベル5まであります。

ミニボール、ソフトダンベル、フォームローラー(ストレッチポール)、クッションなどの道具の様々な活用方法を学ぶタイトル

など、今の自分が興味あるタイトルを選んで受講できます。

もちろん、自分のクライアントの今のニーズから、受講するタイトルを決める、ということもできます。


ZONEアカデミーでは2名の講師が在籍しており、それぞれのバックグラウンド、得意な分野のワークショップを担当しているので、多くのタイトルを開催しています。


ワークショップでの学びでピラティスを常に学ぶカリキュラムから、ストットピラティスSTOTT PILATES®の初中級マットインストラクターは、試験合格後も自分のピラティススキルを高めることができます。


■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

次も「ストットピラティスSTOTT PILATES®」についてご紹介していきます。お楽しみに。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Comments


bottom of page