【ITコラム】足のアーチと足底筋膜について

【ITコラム】足のアーチと足底筋膜について


2018/7/31


皆様、こんにちは。 ZONEアカデミーのWataruです。


前回のコラム「足」の不思議より・・・

「次回は足のアーチや、足底筋膜の性質

 なんかについてもっとご紹介していきたいと

 思います。」


さて前回に続いて「足」です。

荷重を支えるために硬くもあり、かつ様々な

環境に適応したり推進させるために柔らかくも

ある必要があるのが足です。

その足には三つのアーチがあります。

---------------------


【内側縦足弓】

踵骨結節、距骨、中足骨、3 つの楔状骨、

最初の 3 つの中足骨から構成される。

正常な角度は 130~150 度


【外側縦足弓】

より高い安定性; 踵骨、立方骨、

第 4 中足骨から構成される。

長腓骨筋、短腓骨筋、第 3 腓骨筋、

短趾屈筋によりサポートされる。


【横足弓】

舟状骨、楔状骨、立方骨、中足骨から

構成される。

前骨筋、後骨筋、長腓骨筋、足底筋膜

によりサポートされる。


---------------------


この足のアーチは5 歳までに発達するとされ、

主に靭帯足底筋膜により支えられて、 補助的には筋肉によってサポートされています。

静的立位においては、実はこの筋肉はほとんど

アーチサポートに寄与していないのです。

関節と骨の絶妙なデザインと構成が

アーチを生んでいることがわかります。


また重要な役割を果たすものに

足底筋膜があります。

この密な結合組織のシートは、踵骨結節に起始し、 第 1 趾の種子骨中に挿入、その他外側 4 趾を

覆います。

荷重支持下では 12%まで伸張することが

できます。 足の剛性の 25%を担うものでもあります。


体重負荷支持時に、全体重の 14 パーセントを

運搬してくれる頼もしい存在です。

これがアーチの構成とその維持に役立ち、

足内在筋の関与を軽減させるのです。

私たちが歩みを進める推進力のため足に

剛性あるテコを構成するのも足底筋膜です。

踵を起点に足趾に向けて足底を刺激する事で、

前述の各機能が活性する事が考えられます。

裸足で動く、ボールでローリングするなども

いいですね。

「足を敏感にする、足に敏感に動く」と

エクササイズの違った体感ができるかも

しれません。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


足底筋膜をはじめとする筋膜のこと、

アプローチ方法については Fascial Movement(膜・筋膜ムーブメント)コース

がおすすめ!

最新の神経筋膜骨格系に関する研究成果を探究し、 独自のMERRITHEW™ Fascial Movement Variables(FMV)を 重視、強調すると共に、膜が何であり、何をし、

どのように動くのかを考え、様々な異なる方法で

どのように働きかけることができるかを 3日間の講義+実践で学べます。


---------------------


足底筋膜のことを考えて開発された ベルメゾン(千趣会)とのコラボ商品!

「筋膜ボール2種セット」

「足裏アーチサポートソックス」

も好評発売中!


※購入方法などは詳細はこちらから →ZONEブログ:ベルメゾン(千趣会)コラボ商品 

 スタジオ販売スタート!


※筋膜ボールはフォームから注文できます。 →ZONE プロップご注文フォーム


★筋膜ボール2種セット 固さの違う2種類のボールがポイント! より効果的な筋膜ケアのために、ベストな

サイズと形状にこだわりました。 筋膜を傷つけることなく刺激できます。

★足裏アーチサポートソックス 足裏のアーチをサポートしてくれるソックス。 3つのアーチを整えることで着地の衝撃を吸収し、

疲れにくい脚に。 アーチを正常にすることで姿勢も安定し、

美しい姿勢にもつながります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.