【ITコラム】ピラティスのスポーツへの活用

【ITコラム】ピラティスのスポーツへの活用


2019/8/25


スポーツする方の目的は様々ですよね。 健康増進、リフレッシュ、趣味などなど。。。



こんにちは、Akatsukaです。


僕のクライアントにも、スポーツスキル向上の

為にピラティスセッションを取り入れている方が たくさんいらっしゃいます。


どのような内容を提供するか。 特に、自分自身がやったことの無いスポーツだと、

難しい!と考えがち。


ただ、

姿勢の改善と、正しい動作の習得が出来る

STOTT PILATES®の基本原則を活用すれば、

未知なるスポーツでも対応は可能!

なのです。


STOTT PILATES®怪我の予防や、 スキル向上の為に必要不可欠な要素が たっぷり詰まっています。

日常生活でも、スポーツでも重力下において 動く事に変わりはありません。


まずは、問題となっている動作の洗い出し。 —————————————————–


ステップ1:ヒアリング


「どういう動作がやりにくいですか?」

「痛みはありますか?」

「その問題に対して、今までどんなアプローチを

 してきましたか?」


ヒアリングを通して分析をします。


 —————————————————–


ステップ2:姿勢分析


問題となっている部位、その周囲の関節を

中心に分析し、筋の強弱を予測して、

強化すべき筋と、その収縮を決定します。


 —————————————————–


ステップ3:動作分析


動作分析と聞くと難しく思われるかも

しれませんが、ピラティスのウォーミング

アップエクササイズ時の分析方法が活用できます。


焦点を当てるべきは、動いている所よりも、

安定すべき場所。


動かそうと思っているところ以外で、

動いてる場所を探します。


例)

ヒップロールス時の脚のアライメント、

肩甲骨がいつ乱れるか、等。


—————————————————–


実際に問題となる動きを行ってもらうことも

良いです。

その際も安定すべき場所を観察する

ところから始めましょう。


上記の情報をもとに、 エクササイズモディフィケーション

選択していきます。


プログラミングの基本は、中枢から抹消へ。


①最初は、筋肉では深層筋を

 アイソメトリックで強化し、

②次に、動きの中での安定性を担う筋肉を

 コンセントリックで強化していきます。


③最後の段階では、動きを作り出す筋肉の

 コントロール向上の為に、イーセントリック

 収縮で強化していきます。

具体的な筋肉や、エクササイズへの発展の

させ方について、COREのコースやアスレティック

コンディショニングのワークショップでご紹介

しています。


ご興味ある方はぜひお問い合わせください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.