【ITコラム】関節安定性への4つの取り組み

【ITコラム】関節安定性への4つの取り組み


2019/9/28


皆様、こんにちは。

ZONEアカデミーのWataruです。

国内、国外の様々な地域でのコースを担当

しています。

先日は空港の方からお声を掛けて頂くほど

頻繁に出掛けています。

地域性や国柄などから、健康への意識や

取り組みの違いを知るのはいつも興味深く、

新鮮です。


ピラティスは美容痩身やレクリエーションと

いう立場から、本質的な健康の追求の手段として

世界の潮流のように感じます。

リハビリの要素を取り入れたフットネスへの

需要も高いようです。


システムやデザイン、利便性ではなく結果で

応えることに差別化の活路を見出そう

というのは共感する考え方です。

そうした環境でピラティスへの注目が

集まるのもうなずけます。


今回は機能的関節安定のモデルとして

示されたその科学的証明に、

ストットピラティス®のプロセスに重ねて

紹介します。

ダイアン・リーとアンドレ・ブリーミングは、

各関節の安定性は次の4つの要素に依存する

としています。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


構造

非収縮性の構造体。 関節構造と骨、靭帯、結合組織などの

受動的な構造による安定性


<ストットピラティス®の取り組み>

・原則に基づく指標と目的による開始肢位の指示 ・動作時のアライメントの管理 ・個別の身体的条件に配慮した部位の配置

『Position of Success』 と言って、

必ず動作実行において望ましい結果を 確実にする位置に置くことです。

個々の身体的特徴、適応や禁忌を考慮して

明確に開始のポジションを選択しています。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


力学

筋により生成される力による安定性。


<ストットピラティス®の取り組み>

・エクササイズの選択 ・生理的筋分類に基づくアプローチ ・運動実行の反復回数、負荷

(スプリング、バンド等)の選択


どの筋に、どんな負荷を加えるか?

これを検討し、動作を選択します。

筋収縮の様式に近い、バネの抵抗を活用した

器具も多く、そのバネの負荷の豊富なバリエーション

(強度、方向)にも特徴があると思います。

遠心性収縮にも焦点をあてています。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


運動制御

タイミングや筋の動員に対する調整。 遠心性と求心性相互の神経伝達の

コミニュケーションのシステムです。


<ストットピラティス®の取り組み>

・固有感覚受容の刺激(器具などの選択と活用) ・口頭指示、触覚刺激、視覚誘導などによる指示

正しい値で、適切なタイミングで働くべき筋が

働く事を促進する豊富な固有感覚刺激をもつのが

特徴だと言えます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


意識と感情

患者の意識、不安や、集中力の度合いが筋緊張や関節の 圧迫に影響を与えるとの考えに基づくものです。


<ストットピラティス®の取り組み>

・段階的な発展による肯定的エクササイズ体験 ・明確な情報伝達による予測性を高める ・痛みないポジションの選択



複合的にこうした要素を網羅して 理論を実践に反映させようとする取り組みと それを可能にするエクササイズのバリエーションこそ このストットピラティス®を臨床に活用する魅力だと思います。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.