【ITコラム】アスレティックコンディショニングの魅力とコツ

【ITコラム】アスレティックコンディショニングの魅力とコツ


2017年5月31日


皆様、こんにちは。 ZONE アカデミーのAkatsukaです。

ZONE アカデミーに在籍する インストラクタートレーナー(IT)による コラムを連載中! 今、気になるトピックス、 旬のフィットネス情報など、 幅広い話題をお届けいたします。

ピラティスインストラクターに興味がある方、 養成コースでストットピラティス®を学ぶ受講生、

そして第一線で活躍するインストラクターの皆様へ きっと役立つ情報になることと思います。


今回は

「アスレティックコンディショニングの

 魅力とコツ」

についてお話します。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


今回、僕が得意としている

「アスレティックコンディショニング」の考え方と

得られる効果のご紹介をしたいと思います。


ストットピラティスSTOTT PILATES®の

標準的なエクササイズと CORE Athletic Conditioning & Performance Training の

架け橋となるプログラムで、 マット、様々なプロップ、大型のイクイップメント

等で行うことができます。


「アスレチックコンディショニング」という言葉に

あまり馴染みがないかもしれませんが、 実はフィットネスやスポーツ全般のための

コンディショニングを行うことができる

プログラム


活用のフィールドはスポーツシーンだけではなく、

歩行や座位から立位へのトランジッションに

必要な正確なヒンジ動作、単一動作の

繰り返しによるオーバーユースの回避等、

日常動作の質を向上させることも期待できるため

様々なニーズに対応できるように応用も可能です。


みなさんが学習されたストットピラティス®の

2つの優位性である、 「姿勢の改善」

「理想的なムーブメントパターンの獲得」

これに「アスレチックコンディショニング」の

考え方を用いることで、下記の内容を発展させる

ことが期待できます。

————————————

【アスレチックコンディショニングの

 発展させるポイント】

・バランス能力 ・理想的な体重移動 ・機能的な三面運動 ・コーディネーション能力 ・神経コントロール ・スピードとパワー ・関節の安定性 ・可動域 ・心肺機能 ・アジリティ ・怪我の予防 ———————————— みなさんが普段接しているクライアントの方々の

顔が浮かんできませんか?



このような効果を得るためにプログラムを

発展させる必要があります。

—————————————————–

【アスレチックコンディショニングを

 活用したプログラムの発展方法】

・ムーブメントパターンテストによる動作の評価 ・筋力と安定性の両方の獲得 ・回旋制御と遠心性関節可動域の安定性の向上 ・エクササイズのプログレッションと

 ディグレッション ・基本的運動の基礎の開発 —————————————————–


こちらの理論を基にエクササイズを提供し、

効果を引き出す動作分析ティーチングポイント

ワークショップではご紹介しています。


いろんなプログラミングでアプローチしても

姿勢や痛みが改善されない・・・。

ピラティスの動きをなかなか理解してもらえない、 Core・肩甲骨の安定がわからない・・・。

動作を改善するプロセスがわからない・・・。

週に一回のセッションではなかなか効果を

実感していただけない・・・。


日々セッションをしていると様々な疑問や要望に

出会いますね。

「アスレティックコンディショニング」の

アプローチの仕方を理解することで これらの疑問を解消できるかもしれません。


今後はティーチングのコツやエクササイズの

おさらいもできるような内容を提供していこうと

思っています。ぜひご期待下さい。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.