【Instructor Spotlight】愛知県 鈴木裕子さん

更新日:4月28日

2021/4/30


みなさまこんにちは、ZONEアカデミーの小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!


今日は愛知県でご自宅をスタジオに改装し、ピラティスインストラクターとして活動されている、鈴木裕子さんです。

インストラクターという仕事をご家族に相談した時の反応、鈴木さんが目指すピラティススタジオとは?といったお話を伺いました。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

【ZONE】

鈴木さん、今日はコースご参加お疲れさまでした。

インタビューにご協力いただきありがとうございます。


【鈴木さん】

私でいいんでしょうか・・・。ちょっと心配なんですが、よろしくお願いします。

             

【ZONE】

ご自宅をピラティススタジオにされた、とお聞きしました。

ピラティスインストラクターとしての鈴木さんの「今」をぜひ教えてください。


まずは、鈴木さんの経歴を教えてもらえますか?


【鈴木さん】

会社員として、コールセンターの教育係の仕事をしていました。

結婚して10年主婦をしていたんですが、子供たちの手が離れたら、私3人子供がいるんですけど、下の子が幼稚園に通う年齢になったら、仕事を始めたいな、と思っていたんです。


10年前にちょうど、女優の渡辺満里奈さんの「ピラティス道」でピラティスを知って、DVDを見ながらやってたのが、ピラティスのきっかけになります。


【ZONE】

渡辺満里奈さんの「ピラティス道」、有名ですね。


【鈴木さん】

ピラティスのクラスがあるカルチャースクールがあったので、そこに通うようになって衝撃を受けたんです。

DVDを見て動いていたのと、実際に教えてもらうのでは、身体の整う感じというか、とても気持ちよかったんですよ、「全然違う!」って。

その時にピラティスインストラクターっていいな、ってあこがれるようになりました。


でも、全然ピラティスもインストラクターも勉強したことがないから、すごく悩みました。

ほんとうに長い時間悩んで、でもやりたいな、って思って。


家族に相談するきっかけも、フルマラソンを走ることになって、それが完走できたら話すことに決めたんです。

そしたら、見事完走できて、「ピラティス勉強したい!インストラクターになりたい!」って夢を打ち明けました。


【ZONE】

マラソン完走もすごいですね。

それでご家族に話してみたら、どんな感じだったんですか?


【鈴木さん】

それが旦那さんに相談したところ、あっさりOKが出たんです。

名古屋から大阪までコースで通うことも悩みの1つではあったんですが、そこも家族みんなで協力してくれたのも、私を後押ししてくれました。


【ZONE】

インストラクターとしてのピラティスの勉強はどうでしたか?


【鈴木さん】

解剖学の勉強もゼロからのスタートだったので大変でしたけど、コースの先生方の説明もわかりやすかったので、楽しかったし面白かったです。


ピラティスは自分で自分の身体をコントロールしながら動かしていきます。

動くところも大事ですが、止めておくところも大事ですよね。

そういったことがわかるようになって、ますますピラティスが好きになりました。


マットコース後に認定試験を受験、マットインストラクターとしてのキャリアをスタートさせたんですが、次はリフォーマーに興味が出てきて、勉強するかどうかで悩むようになりました。


名古屋のピラティススタジオSKY でリフォーマーを使ったピラティスも受けていたんで、リフォーマーの良さはよくわかっていたんです。

勉強してみたいけど、「まだリフォーマーがないのに、今から勉強して早くない?」とか、「リフォーマー買わないんだったら、勉強するのもったいないかも・・・。」とか、「リフォーマーを自分が購入して置く場所どうするの?」とか。


でも、「リフォーマーは勉強したい!」という気持ちが強くなっていって、とりあえずコースは受けてみようと思い、受講することにしました。リフォーマーの購入のことはコースを受けてから考えよう、って。


【ZONE】

コースを受講してリフォーマーのインストラクター認定試験も合格して、リフォーマーを購入されたわけですが。


【鈴木さん】

最初はマンションの一室を借りてスタジオにしようと思っていました。

同居している義理のお母さんに相談したところ「家でやったほうがいいじゃない?」って言われて。

家族に話してみることって、ほんと大事で。私の場合、家族と話をすることで自分の夢の実現に近づいた、という感じがしています。


敷地内に10畳ほどのスタジオを建てて、リフォーマー、スタビリティチェア、バレルを導入してスタジオをオープンしました。

今年で、まもなく2年目になります。


<鈴木さんのスタジオ ピラティススタジオSmiley(スマイリー)>


★スタジオのホームページはこちら


★鈴木さんのブログはこちらから

【ZONE】

ご自身のスタジオを始めてみて、いかがですか?


【鈴木さん】

楽しいです!

動きを知ってもらえる瞬間って、教えていて、わかるんですよ。

お客様が「あっ!」ってわかってもらえた時は、「きたきた!よし!」って感じで。

セッションしたお客様がピラティスって楽しいと思ってもらえると、すごくうれしいですね。


【ZONE】

ご自宅が仕事場ということで、ご家族の反応はいかがですか?


【鈴木さん】

子供たちは、親が家にいることで安心してくれているようで、学校の友達にも、私の仕事のことを紹介してくれたりしています。


仕事と家庭のバランスは大事にしています。

そこは自分で仕事もコントロールできるので、どちらかに偏ることなくやっています。

お客様のご要望で夜のセッションもしているんですが、家族も近くに私がいるので安心してるみたいです。


【ZONE】

これからの鈴木さんの展望、ピラティスインストラクターを目指す方たちへのアドバイス、お願いします。


【鈴木さん】

私はインストラクターとしては遅咲きだと思います。

41歳でその道の勉強をスタートさせて、今年やっとすべてのコースを学び終え、Full認定に向けてのチャレンジをします。


最初はやっていけるかどうかという不安もありましたが、私の場合はピラティスって楽しい!という気持ちが勝ったというか、リフォーマーを使って人にピラティスを教えたい!という想いが原動力となりました。


スタジオの名前を「Smiley(スマイリー)」にしたのは、ピラティスの楽しさを知って、私のスタジオにくる人みんなが笑顔になって帰ってほしい、笑顔でいっぱいになってほしい、という想いで名づけました。


ピラティスが最初は難しくてできなくても、しょんぼりしてほしくない、「笑顔が一番」ですよ!ピラティスインストラクターは、一生続けていきたいです。


【ZONE】

鈴木さんの笑顔でみんなが笑顔になる、これからもたくさんの人をスマイルにしていってください!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+ ZONE アカデミーで学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます! 今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。 お楽しみに! +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:- ※卒業生の皆様にお願いします※ ZONE アカデミーは、2020年現在約2, 500名以上のインストラクターを輩出し続け、 全国からたくさんの方にお越しいただいております。 そして、ZONE アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。 こういったお声を沢山いただいていることを受けて、ZONEアカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。 ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。 インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー