【Instructor Spotlight】熊本県 盛泰輔 さん

2021/5/10


みなさまこんにちは、ZONEアカデミーの小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!


今日は、熊本県でピラティスインストラクターとして活動されている盛泰輔さんです。

ハードなウェイトトレーニングもされている盛さんだからこそ感じている、トレーニングとピラティスの両立についてお話をお伺いしました。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

【ZONE】

盛さん、今日は上級リフォーマー(AR)コース終わりで、インタビューを引き受けてくださってありがとうございます。

お疲れかもしれませんが・・・。


まず、盛さんの経歴を教えてください。





【盛さん】

そうですね。

仕事はいろんなことをやっていました。

地図を製作する会社、建設業、食品関係の会社員もしていましたね。


いろんなことをしてはみたものの、どの仕事も自分のモチベーションがあがらなかったというか、言い方はちょっと悪いかもしれないんですけど「自分が一生やっていく仕事」としての魅力が感じられませんでした。

仕事の前日には「あぁ、明日から仕事か・・・。」みたいな。

本当に仕事の日が憂鬱というか。


ピラティスインストラクターになったのは、偶然がかさなったんです。

ふと見たチラシに「ピラティスを学べるコースを開催する」というのを目にして、たまたま受講することにしたんです。


【ZONE】

そこが、盛さんのピラティスとの出会いですね。


【盛さん】

そうです、そのコースを開催していたのがピラティスセナで、今の職場になります。


【ZONE】

コース受講後にインストラクターとしての活動もスタートした、ってことですよね。

すごいご縁というか。

インストラクター未経験で、その仕事に飛び込む不安はなかったですか?


【盛さん】

う~ん、インストラクターの仕事は、「自分が何のために働いているのか」が実感できる仕事だったので、「あ!これだ」っと思ったんですよ。

今までの仕事では感じられなかった「人の役に立つ仕事」というか。


ピラティスを始めるお客様は、身体の弱い方、年配の方、女性など、幅広い方たちと関わっていくことになります。

その方たちに対面でお会いでき、自分が教えたことで身体が変わっていく・・・。

そんな実感、やりがいがダイレクトに感じられるピラティスインストラクターの仕事は、まさに「これだ!」というものでした。


【ZONE】

担当されているお客様の反応とかは、どうですか?


【盛さん】

いやぁ、本当に楽しいです。

「身体が軽くなった」「ピラティスして楽になった」なんて言われたら、本当にうれしいです。


最初は初めて担当するお客様や、いつものお客様から「今日、腰痛いんだけど」と言われて、何をしたらいいかパニックになることはありましたけど。

でもこれは知識がないから起こることなので、勉強は今も継続しています。


【ZONE】

盛さんは、ピラティスインストラクター以外のフィットネスのトレーナーの活動もされているんですか?


【盛さん】

いいえ、ピラティスインストラクター1本ですよ。

トレーニングは趣味で行っています。


昔は空手をしていたのですが、会社員時代に運動からは離れてしまいました。

インストラクターの仕事をスタートしてから、うまく時間を使うことで、仕事とトレーニングを両立させています。

今は週4回ジムに通っています。


【ZONE】

ウェイトトレーニングされているとお聞きしていたので、トレーナーもされているのかと・・・。


【盛さん】

トレーナーとしての活動はしていませんが、トレーニング仲間へアドバイスしたりすることはありますよ。

【ZONE】

ピラティスを知っている盛さんが考える、ウェイトトレーニングってどうですか?


【盛さん】

ピラティスを勉強する前までは、トレーニングで膝、肩、腰の怪我が多かったです。

ストットピラティスの5原則を勉強したことで、ピラティス的な視点というか、自分の骨の並びを意識してトレーニングを行うようになりました。


あるべき正しい骨の並びを考えながら、可動域を意識したりすることで、自分の身体を理解した中でトレーニングができるようになりましたね。


一人ひとり骨格が違うわけですから、可動域や柔軟性の違いで、できる動きの範囲も違う。

それをわからずに「あの人はここまでやってるから」「あの動画で教えていたから、ここまで曲げるべき」という情報を基に、自分のできない範囲まで無理なトレーニングをすることは、怪我につながってしまうと考えています。


例えば、スクワットは、ストットピラティスの5原則では骨盤がニュートラルを意識して行うことが大事なんです。


【ZONE】

私、スクワットは膝を90度まで曲げる、って聞いたことあります。


【盛さん】

それです、みんなが90度ではないんですよ。

可動域を考えると、そこまでできないことは悪いことではないんです。


他にも、チェストプレスをするときは、ひじの高さとか角度とかばかりを考えるのではなく、胸の筋肉の伸長がしっかり感じられる姿勢、ポジションで行うことが大事です。


「自分の身体を知ったうえで、今の自分ができる姿勢で行う」ことが、怪我をしないトレーニングであることを知ってほしいです。


【ZONE】

骨の並びを考えてウェイトトレーニングをする、ってピラティス的な考え方ですね。


【盛さん】

ストットピラティスのエクササイズや考え方は、人の身体のことをベースにしたものなので、怪我をさせないようにできていると思います。

他の方もよくおっしゃっていますが、ストットピラティスの5原則はよく考えられているな、と思います。


ウェイトトレーニングを行う際には、怪我の予防のためにも、姿勢に対する意識は必ず持っておいたほうがいいです。


<2019年のベストボディジャパンの熊本大会で3位になった盛さん>

ピラティス+ウェイトトレーニングの成果が出ていますね!


【ZONE】

現在、ピラティスインストラクターとしての勉強も進めておられますよね。


【盛さん】

そうですね。

今回参加している上級リフォーマー(AR)コースもとても楽しいです。


器具のコースに進むことで、お客様の動きの修正への理解が深まったり、見方もどんどん変わってきています。

お客様にも1つのエクササイズをリフォーマー、ラダーバレル、キャデラックのどれでしたほうがいいか、その方に一番合った環境を使い分けできるようになりました。


【ZONE】

今後の目標、展望を教えてください。


【盛さん】

将来的には、自分のスタジオを持ちたいと考えています。

ピラティスで正しい身体の動かし方を知ってもらって、ウエイトトレーニングで筋肉量を増やすといったようなものを・・・。

やはり、筋肉も適度に鍛える必要があると思っています。


あとは栄養指導の面もサポートしたいです。

せっかくトレーニングしたのに、身体を作るうえで必要な肉や魚を「太るから食べないようにしている」なんて話を聞くと、ガクッときます。

身体は食事を通じての中身も大事だ、ということも知ってほしいんです。


総合的な健康をサポートできるスタジオを目指したいです。


【ZONE】

盛さん、貴重なお話、ありがとうございました。

これからも頑張ってください!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+ ZONE アカデミーで学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます! 今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。 お楽しみに! +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:- ※卒業生の皆様にお願いします※ ZONE アカデミーは、2020年現在約2, 500名以上のインストラクターを輩出し続け、 全国からたくさんの方にお越しいただいております。 そして、ZONE アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。 こういったお声を沢山いただいていることを受けて、ZONEアカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。 ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。 インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー