【Instructor Spotlight】兵庫県 藤原円さん

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!


今日は、看護師、助産師としての経験を基に、兵庫県「M style(エムスタイル)」で女性のためのピラティスセッションを行っている藤原円さん


医療の現場で感じた藤原さんのピラティスへの想い、Full認定まで勉強したからこそわかるストットピラティスSTOTT PILATES®の活用と魅力、今後の展望などをお聞きしました。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+


【ZONE】

今日はお忙しい中、お時間取っていただいてありがとうございます。


【藤原さん】

いえいえ、こちらこそ、でも私でいいんですか?

インストラクターの中でも異色だと思うんですけど。


【ZONE】

そんなそんな、藤原さんだからこそ感じていること、思っていることを率直に教えてください!

よろしくお願いします。


まずは、藤原さんの経歴、教えて頂けますか?


【藤原さん】

私のスタートは看護師として救急病棟への配属となって、たくさんの生死にかかわる場面に直面する日々を送ってきました。

中には、助けられなかった方もおられて・・・、その時に女性、特に妊婦さんのために何かできないかな、と思うことがあり、仕事をしながら助産師の資格取得のために学校に通うことにしました、看護師3年目のころですね。


学校を卒業、助産師としての活動もしていくなかで、今度は妊婦さんが心身のバランスをサポートできないか、本気で「産後うつをこの世からなくしたい!」そんな強い使命感を感じるようになっていきました。


妊娠出産をトラブルなくできて、産後のお母さんたちが元気で子育てライフも過ごしてもらうために、「運動」というアプローチから身体も心も健康にできるんじゃないか、そういう方たちへの運動が提供できる場がこれから必要なんじゃないか、と考えるようになりました。

運動する、身体を動かすことで、産前はもちろん、産後うつに対して身体も気持ちもケアできる、そう思うようになりました。


マタニティのための運動といえば、ヨガやエアロビクスなど、フォットネスのアプローチも様々ありますが、その中で自分の身体が一番変わったと思えたのがピラティスでした。


【ZONE】

藤原さんの看護師、助産師というお仕事での経験から、「女性・妊婦さん、お母さんのサポート」のための運動のとしてピラティス、ストットピラティスSTOTT PILATES®を選択されたのはどういったところにありますか?


【藤原さん】

ビーキューブ®のピラティスを受けて「ストットピラティスSTOTT PILATES®の5原則がすごい」って思ったんです。

姿勢のこと、身体の動きのことを解剖学的に考えているので、ほんとに5原則は身体のポイントをよくまとめているな、と。


今では、妊婦さんの出産の時も、5原則の視点で身体をみるので、本当にお産が進みます。

どんな姿勢の状態でも、それこそ下向きでもお産が順調に進むんです。

だから、ピラティスを勉強する中で5原則を知ることができたのは、大きなことでした。

5原則で身体を考えたら、それこそなんでもできるじゃないかな、って思います。

【ZONE】

調べたところ、2012年に初中級マット(IMP)コースを受講、2015年にFull認定の資格を取得されています。

コース受講してみて、いかがでしたか?


【藤原さん】

マットの勉強をしたときはインストラクションのところも勉強するので、ピラティスセッションはもちろん、自分の医療現場での介助の仕方も変わったし、お母さんたちへの指導もすごくスムーズにできるスキルがついて、コースで学んだすべてのノウハウをいろいろな場面で活かすことができました。

身体を立体で見るというのも、いろんな角度で身体や姿勢を観察することで気づくこともたくさん出てきました。


コースを学ぶ上でも、他のピラティスよりもカリキュラムやバックアップが整っていたので安心して勉強できたし、内容もボリュームはありましたが、勉強のし甲斐があるものでした。


器具のコースを勉強するかどうかは・・・、本当に悩みました。

ビーキューブ®スタジオで初めてリフォーマーを見て、「あれなに?」からのスタートでしたし、大阪にしかマシンはないし、「マシンを勉強して私はどうしたいんだ?どうするんだ?」ということで、すごく迷いました。


運動を指導するためには、自分ができないとだめだ、ということをよくわかっていたので、マシンのコースの勉強をするかどうか、2年くらい悩んだと思います。

「自分がリフォーマーに患者様を乗せてセッションできるの?」って。


最終的に受講を決意したのは、ストットピラティスSTOTT PILATES®の勉強が楽しくて、もっと知りたいと感じたから。

リフォーマーを買うためにお金もためて、カナダのMerrithew本部からリフォーマーを取り寄せる決断もしました。


【ZONE】

全部のコースを受講した今だからこそ感じていること、思うことはありますか?


【藤原さん】

マシンのコースを学ぶことで、身体の動きってこういうことなんだ、というのが良くわかるようになりました。

最初のイメージではマシンの方が難しい、とおもっちゃうんですけど、身体のコントロールは難しいけど、普段の自分の動きも無駄なくできるようになったり、自分の身体をニュートラルに意識できるようになりました。


特に上級を勉強した時は、「こんなエクササイズ教える機会ないんじゃないか」とか、「自分の身体でやるのは難しいんじゃないか」とか思ってたんですが、マシンで行う上級エクササイズは、ほんとにわかりやすいんです。


マットの時は自分の身体の使い方としては、さっぱりわかってなかったな、と今となっては分かるし、自重でやる上級マット(AM)コースが一番難しいし、一番しんどい、身体的にも濃い内容だったな、と思います。


自分の身体のポテンシャルがこんなところまで変えられるんだ、自分にもできるんだ、というのを器具のコース、上級コースは気づかせてくれました。

初中級コースから、さらに一歩踏み込んでいけるのが上級コースだと思います。


【ZONE】

藤原さんは、現在、ご自身のピラティススタジオでの活動もされていますね。


【藤原さん】

今は自分も子育てもしているので、ピラティスインストラクターとしては夕方までで終わりにしています。


姫路でのピラティスの認知度はまだまだで、いらっしゃるお客様にはヨガとピラティスの違いから説明するところからスタートするときもあります。

ピラティスのマシンを知っている、やったことがある人も少なくて・・・。

私のスタジオでマシンを初めて見るという方にお会いすると「もっと頑張らないと!」と思うこともあります。


最近は、いろいろなきっかけでピラティスしたい、とスタジオにお越しになる方が多くなりました。

紹介でいらっしゃる方や、大阪でピラティスをしていて、姫路に引っ越したタイミングでピラティスを続けるスタジオとして見つけてくださったり。

特に疾患を持っていらっしゃる方が器具でのピラティスを希望されたり、がんの手術後の身体のケアでピラティスを勧められたという形で、リハビリ目的の方も多くなってきた印象があります。


いろいろな身体の背景を持っている方が、「ピラティスしたいな」で私のスタジオに来て下さった時には「見つけてくれてありがとう」そんな気持ちでお迎えしています。

他のスタジオとは違う、身体のことを考えるピラティススタジオとして、もっと知ってほしいなと思っています。


<藤原さんのスタジオ・M style(エムスタイル)


藤原さんのスタジオ・M style(エムスタイル)

健康維持をサポートとし、心と身体に寄り添いリフレッシュする空間を提供する、 兵庫県姫路市初のピラティス専門器具を取り揃えたスタジオです。


看護師、助産師の国家資格を持つ藤原さんだからこそできる、 健康維持・増進ダイエット、疾患や痛みに対してのリハビリ・産前、産後の方に向けたプライベートセッションを中心に様々なレッスンが受けられます。




【ZONE】

藤原さんの今後の目標、展望など教えてください。


【藤原さん】

女性の生殖期から更年期にかけてのサポートを目的としたプロフェッショナルなインストラクターになること、これが私の目標になります。


20年の臨床経験から、最初に思った「産後うつをこの世からなくしたい!」という使命感は今も持ち続けています。

出産って、お母さんの身体には交通事故にあったぐらいの大きな負担がかかるんです。

出産を通じて感じる身体、こころのストレスをピラティスを通じて何か改善していく道筋になったら、そんな気持ちでいます。


救急という環境でお会いした患者様へのリハビリや、助産師としての活動の中で未来あるお母さんのために良い身体をつくることができるピラティス、これからもっと勉強したいです。


身体にはいろんな発見があります、ストットピラティスSTOTT PILATES®はその先駆者として最新の情報を発信してくれるので、「生涯、勉強だ!」という気持ちで真剣に取り組めるものだと思っています。


怪我や疾患に対するピラティスアプローチもこれからもっと勉強して、医療とピラティスを通じて女性のために幅広くサポートできるようになりたいです。


【ZONE】

藤原さんのすべての患者様、お客様のために、ZONEでもストットピラティスSTOTT PILATES®の最新の情報をお届けできるようにしていきます。

お忙しいとは思いますが、ぜひコース、ワークショップの時にスタジオでお会いできるのを楽しみにしています!


今日はありがとうございました。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+


ZONE アカデミーで学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます! 今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。


お楽しみに!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-


※卒業生の皆様にお願いします※


ZONE アカデミーは、2021年現在約2, 500名以上のインストラクターを輩出し続け、 全国からたくさんの方にお越しいただいております。


そして、ZONE アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。


こういったお声を沢山いただいていることを受けて、ZONEアカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。


ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。


インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー