top of page

【Instructor Spotlight】兵庫県 加藤幸恵さん

更新日:2023年12月17日

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!


今回は、兵庫県神戸市でPilates.yを主宰している加藤幸恵さん

2店舗目のオープンも準備中の加藤さん、ストットピラティスSTOTT PILATES®を勉強しようと思った決め手、コース受講の思い出、今後の展望などをお伺いしました。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+


【ZONE】

今日はお忙しい中、ありがとうございます。

インタビュー、始めますね。


【加藤さん】

こちらこそよろしくお願いします。


【ZONE】

まずは加藤さんの経歴を教えてください。


【加藤さん】

百貨店の販売員の仕事をしていたんですが、子供が生まれてスポーツジムでアルバイトをすることになり、そこでヨガやピラティスを受けていく中で、教える方に興味が出てきました。


【ZONE】

スポーツクラブって、いろんな運動コンテンツを展開していますよね。その中でピラティスをチョイスしたのはどういった所からなんですか?


【加藤さん】

自分の身体で理解して変えられるのがピラティスだな、って思ったんです。

社内研修でピラティスを受けたときに、自分でわかるなりに筋肉のことを考えながら動くことで、身体の変化が感じられたというか。


【ZONE】

加藤さんがピラティスを受ける側から、教える側になろうと思ったのはなぜですか?


【加藤さん】

ピラティスのクラスを受講する中で、自分でも知っていることをインストラクターが伝えているのを聞いていると、「自分も勉強すればインストラクターとして教えられるんじゃないか」と思うようになったんです。


もちろん「人前で教えるにはしっかりとした勉強をする必要がある」ので、ピラティスを本格的に学ぼうと情報を集めるようになりました。


その中でSTOTT PILATES®が、解剖学からしっかり身体のことが学べるなと思い、コースを受講することを決めました。コースのことをちゃんと説明してもらえたのも、安心してこれなら勉強できるな、と思ったからでした。


<加藤さんの同期の仲間・半ちゃん、純ちゃんとの一枚>

左から加藤さん、純ちゃん、半ちゃん。

半ちゃんは愛知、純ちゃんは福岡からコースに参加、こういう出会いも大切です。


【ZONE】

実際、コースを受講していかがでしたか?思い出に残っているエピソードはありますか?


【加藤さん】

う~ん、そうですね。一言で言ってしまえば「大変やったけど楽しかった」ですかね。


印象に残っているのは初中級のリフォーマー(IR)コースでの出来事なんですが、一緒に受講していた半ちゃんと純ちゃんが上級リフォーマー(AR)に申し込んでいて、受けないの?みたいな感じになったことかな・・・。


半ちゃんはその時にはもう全部のコースを受けるって決めていて、純ちゃんは申込のボタンをポチッたって言ってて。

Wataru先生からも「上級リフォーマー(AR)コース、定員まであと1名、誰が受講するんでしょうか?」なんて言われたら、「え、私!?」って。


上級コースの申込は、正直勇気がいりました。

だって、初中級リフォーマー(IR)コース受けたばっかりで、まだエクササイズも自分で完全に動ける状態じゃないのに、「上級、行ける?動ける?」ってめちゃくちゃ迷いました。

でもみんなに「行けるよ!」って言われて、「よし、やるしかない!」って思って受けることを決めました。


【ZONE】

実際、上級リフォーマー(AR)コース、受けてみてどうでしたか?


【加藤さん】

受けて良かったって今は思いますけど、その時は初中級レベルもままならない状態で、上級エクササイズが動けないのが、「場違いなところに来ちゃったのかな」って。

でも、上級コースを受けたことで、今までよりも理解が深まったな、と思うことが多くなりました。


「やるんやったら、最後までちゃんとやろう!」って思って、その後、上級マット(AM)コース、申し込んじゃいました。


【ZONE】

加藤さんの同期に半ちゃん、純ちゃんがいたのも大きかったのではないですか?


【加藤さん】

そうですね。仲間がいるのは心強いですね。その2人がいたから楽しくコースを受講できたと思います。一緒にコースの内容を復習したりできたのも大きいですね。


<加藤さんが参加した上級リフォーマー(AR)コースでの記念写真>

3日間連続で実施される上級リフォーマー(AR)コース。STOTT PILATES®のコースの中で一番しんどいコース、といううわさも。


エクササイズの強度はもちろん、正しく身体をコントロールしながら動く必要があるので、最終日は筋肉痛との戦いになることも。でも終わったあとはみんな達成感にあふれています。


【ZONE】

念願のSTOTT PILATES®インストラクターとして、ご自身のスタジオもスタートされていかがですか?どんなお客様がいらっしゃっていますか?


【加藤さん】

スタジオ「Pilates.y」は、プライベートと3名限定のグループクラスができる環境があります。


お越しになるお客様としては、身体に不調があって整体などに行っても症状が改善しない方や、40代、50代のそろそろ身体のことをどうにかしないといけないな、と思っている方が多いんですが、最近はちょっと若い世代の方も来てくれるようになりました。


先日も「ピラティスの資格取りたいんですけど」って方がお越しになって、STOTT PILATES®いいよ~って勧めました。


【ZONE】

加藤さんの紹介で養成コースの説明を聞きにスタジオにお越しになった方、いらっしゃいます。


【加藤さん】

でも私はコースのことは詳しくないし、自分の経験をお伝えすることになるので、「大阪に行ってちゃんとZONEスタジオを見て、話をしっかり聞いたほうがいい」ってアドバイスしています。


【ZONE】

そのアドバイスを聞いて、現在マットコースを受講している方もいらっしゃいますね。


【加藤さん】

1人はスタジオに通ってくれているお客様、2人は一緒に働いているインストラクターです。あと1人器具コースを勉強中の方もおられます。


【ZONE】

加藤さんを中心に、STOTT PILATES®を気に入ってくださって、インストラクターとしての勉強をしたいと思ってチャレンジされる方がいる、ってすごいことですよ。


先日説明にお越しになった方もコース受講に進まれたら、これからもどんどん増えて盛り上がっていきますね。


<加藤さんのスタジオ・Pilates.y>


兵庫県神戸市垂水区にあるPilates.y

山陽電車:霞ヶ丘駅目の前に「霞ヶ丘スタジオ」があります。


レッスンでは、「楽しく、わかりやすく、効果的に」を心がけ、身体の動きをイメージできるようにシンプルにお伝え、自分の身体への気づきの時間にしてもらうことを大切にされています。

かわいいスタジオロゴがお客様をお出迎え。



来年には新スタジオもオープン予定!内装工事前の様子を特別公開。

外の景色も見える明るい環境ですね!



【ZONE】

加藤さんの今後の展望を教えてください。


【加藤さん】

私の目標として、「インストラクターを教えられるぐらいのインストラクターになりたい」というのがあります。

インストラクターの仕事を続けるには、勉強ってずっと必要だと思うんですよ。


ただ、私が勉強した時には、疑問に思ったことを気軽に聞けるところが身近になかったし、子育てもする中で、もっと自分の家の近くにそういう場が出来て、ピラティスが広がればいいな、って考えるようになったんです。


一緒に仕事をする仲間が徐々に増えてきたこともあって、2店舗目はインストラクターが集い、お客様とのセッションの中でお互いが向上していけるスタジオにしたいと思って、現在準備に入りました。

今月から内装工事がスタートします。


STOTT PILATES®を軸にはしていますが、食事指導なんかも取り入れながら、身体にいいことを正しい知識としてお客様に発信できる、そんな存在でありたいと思っています。


今の情報があふれている社会の中で、本当は正しいことなのに、切り取られた内容が伝えられてしまうことで、正解ではなくなってしまうのはもったいないと思います。


しっかりした理論を基に、それをインストラクターがしっかり理解してお客様に伝えられる、そういう活動をすすめていきたいです。

そのための勉強はずっとしていかないといけない、と感じています。


【ZONE】

加藤さんは、筋膜ムーブメントコースも受講されていますね。


【加藤さん】

そうです、これも半ちゃん、純ちゃんと受けたんですけど、筋膜って固有感覚にアプローチできるので、ピラティスのセッション前に筋膜への動きを少し取り入れるだけで動きやすくなった、っていうのがわかるんですよ。


自分の興味のあるもの、身体にいいと思ったものを、自分で動いて納得して、それをお客様にお届けできればいいな、と思っています。


だから、来年の傷害と特殊条件(ISP)コースと1月に申し込んだ解剖学コース、今からめっちゃ楽しみにしているんです。


【ZONE】

解剖学コースは、STOTT PILATES®のコース前に受講した時と、コースを勉強した後に受けた時とで、理解の深まり方が違うと聞いていますよ。


【加藤さん】

あとは傷害と特殊条件(ISP)コースは絶対参加したいんで、頑張って申し込もうと思っています。


そうだ、先日オーストラリアの知り合いと情報交換した時に、オーストラリアでは今、STOTT PILATES®のブームが来ているって話を聞きました。


STOTT PILATES®、これからどんどん広がると思います。


【ZONE】

「インストラクターという仕事は、ずっと勉強しないといけない」という加藤さんのモットー、素敵です。


加藤さんのこれからの成長が周りのお客様に伝わって、お互いが健康を通じて高めあえる関係になって、その輪が広がるといいですね。

次のコースの時には、新しいスタジオの進捗、聞かせてください!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+


ZONE アカデミーで学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます! 今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。


お楽しみに!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-


※卒業生の皆様にお願いします※


ZONE アカデミーは、2021年現在約2, 500名以上のインストラクターを輩出し続け、 全国からたくさんの方にお越しいただいております。


そして、ZONE アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。


こういったお声を沢山いただいていることを受けて、ZONEアカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。


ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Yorumlar


bottom of page