【ITコラム】結合組織について~パート2~

【ITコラム】結合組織について~パート2~


2017/12/28


皆様、こんにちは。 ZONE アカデミーのWataruです。


今年も残すところあと数日ですね。

2018年は「こんな年にしたい!」という目標も 見えてきた頃ででしょうか。


僕自身も真っ白な手帳を前に 「さぁ、どんな一年にしようか」と

思案中です。。。


前回に引き続き,「結合組織」について

書いていこうと思います。


※前回のコラムはこちらから →【コラム 第13話】「結合組織」について


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


結合組織には弛緩性結合組織というのがあります。

例えば、日常生活でこんな形状のものを

目にしますよね。


こんなものとか・・・

こんな感じのもの・・・

今からお話しする組織はこういう形状を

イメージしながら読んでください。

——————————————————————


【疎性組織】


結合組織のひとつのタイプで、組織をつくっている 線維細胞(コラーゲン線維など)の量が比較的

少ないものです。


全身に分布する最も一般的な緩い結合組織で、 表皮組織の直ぐ下で、臓器を包んでいるものです。


緩く、不規則な配列をなし、少数の線維芽細胞に

より線維を構成している、弛緩性の結合組織です。


顕微鏡レベルでコレを観察すると、最も特徴的な

状態として沢山の空きスペースがあることが

分ります。


これが疎性結合組織が周辺の組織から

引き出される水分を多く含んだ、

基質を保持するのに役立っている理由です。


——————————————————————


【脂肪組織】


脂肪組織にも弛緩性の結合組織が含まれます。 基質ではなく、ほとんどを細胞で構成しています。


脂肪細胞は脂質を蓄えて、熱の消失から身体を 保護する役割をもちます。


平均的な人の場合で、脂肪組織は体重の18%を

占めます。

飢餓にあるとき、この脂肪の貯蔵が生命を

維持します。

これがなければ数日以内に死に至るでしょうね。


——————————————————————


【網状組織】


疎性結合組織のようでいて織り混ざった

網状線維です。

レチクリンとも言われるこちらは、 コラーゲンやエラスチン線維とは異なります。


この組織は、脾臓、リンパ節および骨髄の

軟性の内部骨格や間質を提供し、

多くの発生中の血液細胞を支持します。


疎性組織が基質の水分を含んだスポンジ状の

組織であるのに対して、網状組織は多くの

臓器において血液を保持するものです。


風通しの良い、分散した線維という共通点を

もつ弛緩性結合組織をご紹介しました。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.