【ITコラム】グループティーチのスキルアップ!おすすめワークショップ

【ITコラム】グループティーチのスキルアップ!おすすめワークショップ


2018/8/19

皆様こんにちは。

ZoneアカデミーのAkatsukaです。

グループティーチ第9回目は、 グループクラスの内容を考える上で役立つ ワークショップタイトルをご紹介します。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


※第1回目のブログはこちらから

 → 「マット・グループクラスのための

   指導方法とプログラミング」


※第2回目のブログはこちらから

 → グループクラスのティーチング・

   ビジュアルキューイングについて」


※第3回目のブログはこちらから

 →「マットグループクラスのプログラミング」


※第4回目のブログはこちらから

 →「グループクラスのティーチング

  ウォーミングアップ編」


※第5回目のブログはこちらから

グループクラスのティーチング・

 メインエクササイズ編


※第6回目のブログはこちらから

 →グループクラスでの修正ポイント


※第7回目のブログはこちらから

 →グループクラスでインストラクターが

  注意するべき点とは


第8回目のブログはこちらから  →グループクラスのフローについて

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


前回のコラムではフローについてお伝えしたので、 連続でエクササイズをティーチングする重要性や 達成感演出のメリットをご理解いただけてる

と思います。


そのフローのためのプログラミングのコツが Merrithewのワークショップのコンテンツに

豊富に含まれています。


僕自身もグループクラスを最初やり始めた際は ワークショップタイトルを元にプログラミングを

考えていました。


今回は僕の主観で(笑)ワークショップタイトルの

ご紹介をしようと思います。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【おすすめワークショップ①】

フィットネスサークルフロー・

グループクラスへの活用 Fitness Circle® Flow グループクラスデビューに最適な内容に

なっています。

コースで学んだサークルの使い方を元に

組み合わせによってフローの出し方を学ぶことが

でき、体力レベルにばらつきがあるグループクラス

でも、個々に達成感を感じていただきやすい内容に

なっています。


特に前額面の動きが強化できるので、

片脚支持の精度を高め、歩行動作の矯正にも

役立ちます。 何より慣れている内容なので教えやすいです。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【おすすめワークショップ②】

脂肪燃焼のためのマットワーク

インターバルトレーニング Matwork Interval Training, Level 1 Matwork Interval Training, Level 2 クラスを行う際に前述のサークルなんて

人数分用意できない!! なんてお悩みがある方には最適な内容です。


マットのみを活用してピラティスを

インターバルトレーニング形式で提供することが

できます。

二つから三つほどのエクササイズを

組み合わせ、その内容を2〜3セット繰り返す

ことにより運動強度と筋持久力を高める内容を

提供することができます。


また反復回数が多いので、動作精度を高める

のにも非常に効果的です。 元々知っているエクササイズを少し変化させる

だけなので、内容も理解しやすいところも

良いところです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【おすすめワークショップ③】

フレックスバンドレベル1

~スカルプト&トーン~ Sculpt & Tone – Flex-Band® Exerciser Level 1 タイトルだけだと何のワークショップか

わかりづらいと思いますが、フレックスバンドを

活用したワークショップです。


サークルを人数分用意は無理、かといって

マットワークだけだと、四肢のコントロールが

難しい方が多いので、簡単にするために何か

道具を使いたい、そんな時に手軽に用意できる

プロップの代表格がフレックスバンドです。


こちらもフィットネスサークルフロー同様、

コースで学んだ内容をフローを重視するために

プログラミングされているので即戦力な内容です。


また、リフォーマーのエクササイズをいくつか

バンドを用いて学ぶことができるので、

より立体的な動きを提供することができます。

これをきっかけにプライベートもやってみたいと お声をいただいたこともあります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【おすすめワークショップ④】

バレルを活用したアスレチック・

コンディショニング Athletic Conditioning on the Arc Barrel


アスリートのための?!と思われるかも

しれませんが、コースでご提供した胸椎の

屈曲サポートと段差による背面の強化以外に 豊富なバレルの使い方を学べるタイトルです。


特に水平面の乱れがある方、つまり体幹に

回旋をお持ちの方にはその修正に役立つ

内容が満載です。

また安全にバランスにチャレンジができたり、 グループが盛り上がる終盤の立位エクササイズも バリエーション豊富に学ぶことができます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

これからグループクラスを担当する方も、 すでに教えている方にもオススメの内容です。

こちらのタイトルが開催されるのをチェックしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.