【ITコラム】グループティーチのプログラミングポイント

【ITコラム】グループティーチのプログラミングポイント


2018/9/20


皆様こんにちは。

Zone by Bcube®のAkatsukaです。


グループティーチの連載も、ついに第10回目に

なりました!

記念すべき今回は

「プログラミング」についてさらに深く お伝えします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


※第1回目のブログはこちらから

 → 「マット・グループクラスのための

   指導方法とプログラミング」


※第2回目のブログはこちらから

 → グループクラスのティーチング・

   ビジュアルキューイングについて」


※第3回目のブログはこちらから

 →「マットグループクラスのプログラミング」


※第4回目のブログはこちらから

 →「グループクラスのティーチング

   ウォーミングアップ編」


※第5回目のブログはこちらから

 →グループクラスのティーチング・

  メインエクササイズ編


※第6回目のブログはこちらから

 →グループクラスでの修正ポイント

※第7回目のブログはこちらから

 →グループクラスでインストラクターが

  注意するべき点とは


第8回目のブログはこちらから  

グループクラスのフローについて


第9回目のブログはこちらから

グループティーチのスキルアップ!

 おすすめワークショップ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

プライベートであれ、グループであれ、 エクササイズを組み合わせる事で、 最大の効果を早く引き出す事ができるのが、 STOTT PILATES®の魅力ですね。 ただプライベートとグループでは プログラミングの目的が大きく変わってきます。

そこを明確にする事でプログラミングが

組みやすくなると思うので、今回はそんな

根本の話をしようと思います。 まず、プログラミングは何の為に行いますか? 、、、、、

修正の為でしたね。 修正のプロセスについてはコースでも

触れていますが、おさらいでもう一度。

————————————————————-

①キューイング

例) ・タクタイルする場所を変える ・イメージキューイングを違うものに変える ・スピードと可動域を変化させる

②モディフィケーション

例) ・使用するプロップを変える ・段階を踏む為に後退させた方法で行ってもらう

③プログラミング

例) ・やりたかったエクササイズは行わずに違う

・エクササイズを組み合わせて同様の運動効果を

 得る ————————————————————-

この順番で修正の方法を変化させる事により、 正しい動きを習得していただく事ができます。

と思いきや、、、 そうでもないんです。 グループクラスの場合、修正が少ないほど

フローが良くなり、クラス全体の達成感が

増すんです。 ゆえに修正を少なくする事が大変重要です。 どうやって、、、 実は

プライベートで行っている修正の

プロセスを逆に行う

事で修正の頻度を減らす事ができます。 言い方を変えれば、修正を減らす為に

プログラミングを行うんです。 なので、プログラミングを組む場合は、 ————————————————————- ①修正が少なくて済むエクササイズを選ぶ ②修正が少なくて済むように

 モディフィケーションを選択しておく ③修正しなくても済むキューイングを

 用意しておく ————————————————————- つまり、プライベートの修正は、

間違った時からそのプロセスが始まりますが グループの場合は、あらかじめプログラミングで

「準備」する事により修正を回避することが

できます。 クラス前から修正が始まっている事になります。 どうでしょう?

プログラミングは組みやすくなりましたか?

このヒントで 「いつもとは違った観点でプログラミングが

 組みやすくなった!」 という方もいれば、 「余計混乱する!難しい!」

とおっしゃる方もいるかもしれません。 実際の具体例をご紹介しましょうか? みなさんのリクエストの声がこちらに多く届けば、

次回ご紹介しますよ!!

ご感想、ご要望お待ちしています!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界に通用する学びを日本で。

ADDRESS

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-6

伏見町KANBEビル 3F

CONTACT

お申込み・お問い合わせ

FOLLOW US

sns_facebook.jpg
sns_insta.jpg
sns_line.jpg
sns_blog.jpg

Copyright (C) 2015-2020 ビーキューブ® All Rights Reserved.

このサイトに掲載されている内容(データ)はすべてビーキューブ®︎が所有するものであり、無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。

™/® Trademark or registered trademark of Merrithew corporation, used under license.

Content© and Photography © Merrithew Corporation. Used with Permission.